弊社従来商品との比較について

注意事項

  • 表示の保険料は2013年12月に、補償内容について下記条件で弊社従来商品である「住宅安心保険」と「お部屋を借りるときの保険」との保険料を比較した一例です。賃貸住宅向けの「住宅安心保険」は、通常は保険期間2年で販売しており、「お部屋を借りるときの保険」は、保険期間1年のみの販売となります。それぞれの保険料は契約条件によって異なる場合がありますので、参考情報としてご覧ください。
  • 比較・ご検討いただく際には、弊社ホームページ、重要事項説明書などをご確認のうえ、保険料だけでなく、補償内容も十分にご考慮ください。
  • 実際に適用される保険料や補償内容・サービス内容などの詳細につきましては、弊社ホームページにてご確認ください。

保険料の算出条件

項目お部屋を借りるときの保険
(賃貸家財総合保険)
住宅安心保険
保険期間 2年間
(1年+自動更新1年)
2年間
保険料お支払方法 一時払 同左
所在地 東京 同左
建物の構造 非耐火 同左
家財保険金額 100万円 同左
個人賠償責任 支払限度額 1億円(1事故) 同左
借家人賠償責任 支払限度額 2,000万円(1事故) 同左
修理費用 支払限度額 300万円(1事故) 同左
被害事故法律相談費用等 支払限度額 30万円(保険期間中) なし
補償内容(家財) 火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災*、物体の飛来・落下・衝突・倒壊等、集団行動による破壊等、水ぬれ、盗難、通貨・預貯金証書盗難
*風災・雹(ひょう)災・雪災については、損害額が20万円以上の場合にお支払いします。
火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、物体の飛来・落下・衝突・倒壊等、集団行動による破壊等、水ぬれ、盗難、通貨・預貯金証書盗難
主な費用保険金 残存物取片づけ費用、損害防止費用 臨時費用、残存物取片づけ費用、修理付帯費用、失火見舞費用、特別費用、損害防止費用
借家人賠償責任の補償範囲 火災、破裂・爆発、水ぬれ 火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、物体の飛来・落下・衝突・倒壊等、集団行動による破壊等、水ぬれ、盗難、水災、破損・汚損等
修理費用補償の補償範囲 火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、物体の飛来・落下・衝突・倒壊等、集団行動による破壊等、水ぬれ、盗難 火災、落雷、破裂・爆発、風災・雹(ひょう)災・雪災、物体の飛来・落下・衝突・倒壊等、集団行動による破壊等、水ぬれ、盗難、水災、破損・汚損等
保険料 8,000円 11,410円
払込方法 毎年4,000円×2年 2年分一括払

※家財保険金額は100万円~2,000万円の間の100万円単位で設定可能です。なお、保険金額の設定についてはこちらのページをご覧ください。

どんな保険なの?

ページの先頭へページの先頭へ