お部屋を借りるときの保険」は、賃貸住宅の入居者に必要な補償がセットになった保険です。

「お部屋を借りるときの保険」ってどんな保険?カンタン解説!

一人暮らしの賃貸入居者向けの火災保険は年間保険料 7,500〜10,000円が一般的ですが、日新火災の『お部屋を借りるときの保険』は、

  • 賃貸住宅に必要な補償のみのシンプルな保険
    もちろん必要な部分はしっかり補償 詳しくはコチラ>
  • お持ちの家財にあわせて保険金額を100万円単位で設定できる
  • 節約したい方にピッタリ!!

※地震保険は付帯できません。

損害保険初!2014年度グッドデザイン賞を受賞しました。
~利用者の利便性やコスト削減を追求したビジネスデザインが評価されました~

※水災、破損・汚損の補償はありません。
※地震保険はセットできません。
※保険金の支払条件等詳しくはお部屋を借りるときの保険公式サイトの補償の内容をご確認ください。


※2017年に弊社実施の「保険金お支払に関するアンケート」より 

VOICE1
安心感がありました。
男性

対応が早く、電話対応もとても良かった。途中経過の連絡もあり、その都度説明がとてもわかりやすく、安心感がありました。

VOICE2
やさしくわかるように説明していただき、
とても助かりました。
女性

わからないこともあったのですが、担当の方が親切に教えてくださって、スムーズに処理いただき、とても満足しています。事故はそうそう頻繁に起こることではなく、不安もあって相談したのですが、やさしくわかるように説明していただき、とても助かりました。

VOICE3
とても迅速に対応していただき、満足しています。
男性

今回はじめて保険金の請求をしました。家財保険の補償範囲などわからず不安でしたが、担当の方が親切にわかりやすく説明してくださり、安心して手続きできました。とても迅速に対応していただき、満足しています。

VOICE4
担当者の優しい声にすっかり安心いたしました。
女性

火災保険の保険金請求は初めての経験でしたが、保険の内容などいろいろと教えていただき、大変助かりました。そして、担当者の優しい声にすっかり安心いたしました。


事前に準備いただくもの
・Eメールアドレス ・クレジットカード

  • 賃貸借契約と保険契約は別の契約ですので、必ずしも不動産会社指定の保険契約を締結しなければいけないということはありません。
    不動産会社や大家さんが心配されるのが、貸しているお部屋が火災などで損害を被った場合の補償です。お部屋を借りるときの保険は、借家人賠償責任補償が2000万円まで、修理費用が300万円まで補償され、賃貸住宅入居者の方に必要な補償がセットされておりますので、その点をご説明いただければ、不動産会社にもご了解いただけるものと思われます。
    不動産会社から証券のコピーなどを求められた場合は、ご加入後にお送りする加入証をご提示ください。

  • 被保険者の現在所有されている家財をすべて(補償対象外となる家財を除きます。)再購入する場合に必要となる金額で設定することをおすすめします。本保険の契約申込画面では、世帯主の年齢と家族構成を入力いただくと、家財の再購入額の目安が表示される仕組みとなっていますので、ご参考にしてください。なお、お部屋を借りるときの保険は、最低保険金額の設定が100万円となっておりますので、家財をすべて再購入する場合に必要となる額が100万円未満の方はご加入いただけません。

  • はい。
    保険申込手続日の翌日から120日以内までの間であれば、ご希望の日を保険期間の開始日に設定いただけます。

  • はい。
    賃貸住宅であれば一戸建て住宅でも本保険をご契約いただけます。

  • はい。
    お住まいになる建物が住宅兼事務所、住宅兼店舗のように住宅と仕事場が同じ建物であっても、本保険をご契約いただけます。ただし、仕事に使用される什器・備品や商品等は、家財にあたらないため、補償の対象となりません。

    <お引受けできる家財収容建物の例>
    住宅の一部で塾や稽古事を行う場合、借用住宅の建物の一角にコンビニエンスストアが入居している場合、社宅、下宿、寄宿舎 など

  • はい。
    自分には損害賠償責任はないけれど、大家さんとの賃貸借契約に基づいて、建物損害の修理費用を負担する場合は、本保険の修理費用条項で補償されます。ただし、火災・建物外部からの物体の飛来・盗難等の事故による損害に限ります。

  • 大家さんからお借りしている住宅(戸室)部分の損壊については、借家人賠償責任補償で補償されます。

    ただし、お借りしている住宅(戸室)以外の損壊については、「失火の責任に関する法律」により軽過失の場合は責任は問われません。なお、火元である入居者に重大な過失がある場合は、賠償責任を負うことになります。このような場合は個人賠償責任補償で補償の対象となります。

  • はい、ご安心ください。
    弊社は事故対応を行う損害サービス拠点ネットワークを全国に展開し、24時間・365日体制で事故の受付をしておりますので、安心してお任せください。

  • インターネット上のご契約者ページ(My日新)より、解約のお手続きを行うことができます。

  • 「外出中にカギを失くして自宅に入れない」や「水まわりのトラブル」といった、すまいと暮らしにかかわる急な「こまった」を、24時間・365日サポートします。

    下記のフリーダイヤルまでお電話いただくだけで、修理業者の手配、「30分程度の応急処置」、「解錠作業」を無料でご提供します(応急処置の範囲を超える処置費用等はお客さま負担となります。)。

    すまいのサポート24(お部屋を借りるときの保険用)
    フリーダイヤル0120-097-365
    【受付時間】24時間・365日

お部屋のサポートデスク

フリーダイヤル0120-125-271

平日 9:00〜20:00 土日祝 10:00〜17:00(年末年始は除く)