保険料カンタン見積り

戸建てとマンションのメリット・デメリット

戸建てとマンションのメリット・デメリットを比較

そろそろマイホームを購入したいと思って検討を始めたときに多くの人が悩むのは、「戸建てまたはマンション」のどちらにするか、さらに戸建ての場合は「注文住宅または建売住宅」をどのように選んだら良いのか、という点ではないでしょうか。本コラムでは、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。それらを把握したうえで、ご自分・ご家族の理想の暮らしにあった家を選びましょう!

戸建てかマンションか

戸建てとマンションの特徴は以下のとおりです。なお、メリット・デメリットは新築・中古によっても大きく異なりますが、ここでは新築に限定した内容としています。

メリット

デメリット

戸建て

  • 土地も含めて自分の資産になる
  • 独立性が高いのでプライバシーが確保されている
  • 管理費、修繕積立金、駐車場代が不要
  • 増築やリフォームなどを自由にできる
  • 将来的な修繕のため、修繕費用を自分で計画的に準備する必要がある
  • 自分で建物や庭をメンテナンスする必要がある
  • 立地が良い物件は割高なことが多い
  • 防犯面で注意が必要

マンション

  • 自分で修繕計画を立てる必要がない
  • 立地が良い物件でも割安なことが多い
  • オートロック、宅配ボックス、ごみ収集場などのサービスが充実
  • 周辺施設とセットで開発されることが多いので利便性が高い
  • 高層マンションなどの場合、展望が良い
  • 管理費、修繕積立金、駐車場代が月々の負担になる
  • 周囲の戸室の生活音や騒音が気になることも
  • 管理組合に参加する必要がある(単に参加するだけでなく、管理組合役員に就任することもある)

ここで1点補足したいのが火災保険の保険料です。保険料は建物の所在地と構造などによって決まり、マンション(M構造)は保険料が安くなる傾向があります。逆に高くなる傾向があるのは木造(H構造)です。日新火災の住自在Webサイトで保険料のシミュレーションができますので、ぜひ試してみてください。
日新火災の自由設計型火災保険 住自在Web 公式サイト

注文住宅か建売住宅か

次に、注文住宅と建売住宅の特徴は以下のとおりです。

メリット

デメリット

注文住宅

  • 自分の理想の形の住宅を建てることができる
  • 好みの設計士や建築会社を選べる
  • 建売住宅に比べて高くなることが多い
  • 土地の購入や施工業者との打合せなど、注文から完成まで時間がかかる

建売住宅

  • 土地とセットでの購入であり、手続きが比較的簡単
  • 注文住宅に比べて安くなることが多い
  • 自分の思いどおりの間取り・設備の家を見つけるのが大変
  • 工事の過程を見ることができない

一般的に、注文住宅は自分が希望する間取り・設備・インテリアなどを取り入れることができる分、建売住宅よりも購入価格は高くなる傾向があります。住宅金融支援機構が実施する調査*によると、新築の平均購入価格は、土地付注文住宅の場合4,039万円、建売住宅の場合3,337万円と、約700万円の差があります。


ただし、家の条件や立地によっては、建売住宅とそれほど金額が変わらずに注文住宅を建てられる可能性もありますので、戸建てを探す上でも注文住宅・建売住宅に限定せず、幅広く探してみると良いでしょう。

*出典:2017年度フラット35利用者調査(住宅金融支援機構)

まとめ

ここまでそれぞれのメリット・デメリットを確認してきましたが、選ぶうえで最も大事なのは、ご自分の譲れないポイントです。ご自分・ご家族の理想の暮らしを考えてみてください。立地・利便性などだけではなく、「広い庭で子どもと遊びたい!」「展望が良いところに住みたい!」というような理想が様々あるのではないかと思いますので、それらを常に念頭に置いた上で探してみましょう。


とはいえ、家探しを始めた最初の段階からどれか一つに決め打ちしてしまうのは危険です。簡単に理想どおりの条件の家が出てくるとも限りませんので、決め打ちをしてしまうと家探しに時間がかかってしまいます。また、幅広く色々な物件を見てみることで、あらためてご自分やご家族が希望する条件がわかってくることもあると思います。 また、ここで確認したメリット・デメリットはあくまで一般的なケースだけを記載しています。実際に多くの物件に足を運んでみて、実際の暮らしを想像してみましょう。

住自在Webサポートデスク 0120-077-231
0120-077-231

平日9:00~20:00 土日祝10:00~17:00(年末年始休業)